最近は大病院よりもクリニックへの勤務を希望する医師が増加傾向にあります。
医師からみると、規模の小さな診療所に勤めることには魅力があるのです。
ここでそれらの理由をまとめてみましょう。

給与アップのため

同じ年代の医師の平均給与をチェックすると、大規模病院(大学病院、規模の大きな総合病院など)よりも中規模病院、中規模病院よりも小規模病院(診療所)の方が給与が高い傾向にあります。

クリニックは大きな設備投資が不要なうえに、勤務するスタッフも少なめとなっており、経費がかからず利益が残る仕組みになっています。

人気診療所ともなれば多くの利益が見込め、安定した病院経営が実現します。
人気のあるクリニックに勤務すれば年収2,000万円超えも決して夢ではありません。

大学病院に長年勤務しても年収が1,000万円を超える医師は限られています。
どれだけ頑張っても勤務する病院に年収の上限がある以上、その壁を医師個人の力で打ち砕くことは絶対に不可能です。

家庭を持つ医師の場合、とくに子どもの教育費や住宅ローン、また将来の開業資金のためにより多くの年収を稼ぎたいを考えるのは自然なこと。
給与アップ、年収アップのために転職することは、決して珍しいことではありません。

医局を離れたい

医局は医師の「雇用安定」や「専門領域の研究、留学」などのために役立つ面があります。
ところが数年おきに関連病院を強制的に異動させられて疲れ果てたり、医局の狭い人間関係に嫌気がさした医師が市中病院に転職を希望するケースも多々あります。

ただし退局したからといって前途洋々ではないのが頭の痛いところです。
医局はさまざまな病院とコネクションをもっているため、医師が退局してもスムーズに転職できるわけではありません。

医局を離れ、転職したいと望む医師は医師専門の転職支援サイトを利用しましょう。
「医師転職ドットコム」なら、医局と縁の薄いクリニックの求人情報を多数保有しており、専任のキャリアカウンセラーが医師の希望に合った求人情報をすぐに提示します。

「高給与」「駅チカ」「年間休日120日以上」「日勤のみ」など、転職にあたってどのような条件を満たす診療所を望むのかをハッキリさせておきましょう。
あれもこれもと欲張っても完璧な職場はありませんので、優先順位をつけて担当者に伝えることです。

ほかにも「激務から解放されたい」「家族との触れ合いを大事にしたい」「地域医療に貢献したい」「地元に帰りたい」といった理由で診療所に転職する医師が多くなっています。
医師にとってクリニックは魅力的な職場なのです。