「クリニック」と「一般病院」の一番の違いは「ベッド数」

医師に人気のあるクリニック勤務ですが、一般病院との明確な違いをご存知でしょうか。
医療法に基づく一番の違いはベッド数にあります。一般病院は20床以上のベッドを保有しており、規模に応じた入院施設や人員が整っています。

ところがクリニックになるとこのベッド数が19床以下と法律で決められているため、医療機関の規模としては小さくなります。
広く世間をみると、無床(ベッド数ゼロ)の医療施設も少なくありません。

ベッドが少ない、または入院施設がないということで医師や看護師など医療スタッフにかかる負担は小さくなり働きやすくなる一方、夜間看護、夜間対応のスキルアップには一切ならないというデメリットもあります。
医師の場合は当直がない、または当直の負担がかなり軽くなることで「働きやすい」と感じる方も少なくありません。

ベッド数19床以下の医療機関はクリニックと呼ばれることもありますが、「医院」や「診療所」という名称でも運営されていますね。
どれも呼び方は変わっても意味は同じです。
「○○診療所」や「××医院」と書かれてあれば、ベッド数19床以下の医療機関だということになります。

「総合病院」は特定の診療科目・設備の完備など厳しい条件がある

病院のなかでも総合病院と呼ばれる大規模な医療施設の場合、患者数100名以上が収容できる設備を完備したうえで特定の診療科目を必ず含み、さらに集中治療室や病理解剖室など法律で決められた設備を備えていること、など厳しい条件があります。

ところが医院の場合はそのような規定はなく、さらに開院するのも医師や歯科医師である必要がないため、地方自治体、社会福祉法人など医療機関と直接関連のない団体が開院しても問題ありません。

「一般病院」では薬剤師の配置基準が医療法により厳格に決められている

無床クリニックでは看護師や薬剤師など医療スタッフの配置基準が無いことから、医師一人でも業務に対応することができます。
ところが一般病院では医師や看護師、薬剤師の配置基準が医療法により厳格に決められているため、法に則った人員を配置する必要があります。
診療所と一般病院、医療機関という施設の種類は同一でありながら、人員配置基準やベッド数、診療科目、設備などには大きな違いがあります。

こうして考えてみると、多くの法的基準を満たさなければ成立しない一般病院(総合病院)と診療所を比べると、診療所の方がクリアすべき条件が少なく開院しやすいのが現実です。

医師が開業を目指すとき多くがベッド数の少ない、または無床のクリニックとなっているのは、開業のしやすさ、つまり設備投資が少なくて済むことなどが一因となっています。