クリニック運営を学ぶためにクリニックに転職

「将来は自分の診療所を開院させたい」。
そんな希望をもつ医師にとって、大事なことは経営者・事業者(オーナー)としてのスキルアップ、研鑽(けんさん)です。
医師は医療のプロではありますが、事業を興しマネージメントしていくスキルを磨く機会は最初のうちは少ないのが現状ではないでしょうか。

起業という言葉はとても魅力的ですが、実際にクリニック運営にはどのような管理や計画性が必要でどれくらの費用がかかるのか?
医師にはオーナーとしてどのような能力、資質が求められるのか?それを学ぶためにクリニックに転職するのも一つの戦略となります。
起業にはもちろんリスクが付き物ですので、経営に失敗すると億単位の借金を抱えて自己破産するケースもあるからです。

多額の負債を抱えて自己破産してしまうとしばらく新たな借金はできませんし、生活にも支障が及びます。
家族にも迷惑をかけてしまうかもしれません。

そのような大きな失敗をしないためにも、開業を目指す医師はあらかじめ勉強のためにクリニックでの経験を積んでおくとよいでしょう。
現在、総合病院や大学病院での勤務しか経験がないという医師はとくに、診療所での勤務を実際に体験しておくことが重要です。

地域密着型診療所でスタッフや患者と密に接する医療を学ぶ

地域密着型診療所の場合、定期的に通院する患者との意思疎通が総合病院よりも密になりますし、医療スタッフや事務スタッフとの距離もグッと近くなります。
患者やスタッフの声をダイレクトに聞き運営に反映させる場面も必要ですし、ときにはスタッフを指導したり相談役にまわることもあるのです。

クリニックでの勤務経験を積み、将来起業するかどうかを判断しても遅くはないでしょう。
「開業したい!」という意欲だけ、見切り発車で開院してもうまくいくとは限りません。

「雇われ院長」として日々の業務を通して学ぶ

診療所への転職の場合、まず「雇われ院長」として入職するのが王道です。
雇われ院長の立場なので、万一診療所の運営がうまくいかなかったとしても、破産するようなことは絶対にありません。
ほとんど勤務医の延長線の仕事になります。

実際に勤務してみると、院長の立場や仕事を日々の業務をとおして実践・体験することができますし、周囲のスタッフとの関係を上手に構築できるかどうかをある程度見極めることができるはずです。

院長ともなれば院長手当が年収ベースで100~200万円前後加算されますので、やりがいに加えて割増しの年収も嬉しい点です。

クリニック開業のために経験を積みたい医師は、たとえば医師転職ドットコムなどの求人サイトで「院長職を募集している求人」を探すといいでしょう。
専門コンサルタントに相談して希望条件に適う求人をマッチングしてもらえば、自分に合った転職先を見つけやすくなるでしょう。