勤務時間に差があるので求人をみながら判断

クリニックに勤務する医師の勤務時間ですが、勤務医の場合はあらかじめ勤務する時間が決まっています。
実際に医師専門の転職支援サイトをチェックしてみると、診療所に勤務医として転職する場合「朝9時から診察開始~夕方6時まで」や「朝8時から午後5時まで勤務」など、会社員とほとんど同じような勤務時間で仕事ができることと謳われています。

土曜日に診察が行われるクリニックの場合、午前中で勤務が終わるパターンもみられます。
もちろん診療所のなかには数は少なくてもベッドのある医療施設もあるため、勤務は日勤ばかりではありません。

日曜日や祝日に勤務しなければならない、当直業務が月に1~4程度ある、残業が月に20時間程度発生するなど、求人によって条件はさまざまです。
勤務時間に差があるため個別の求人をみながら判断しなければなりません。

一般的には日曜日と祝日が休みの場合が多い

ただ一般的に言うとクリニック(日勤のみ)の場合、日曜日と祝日がお休みのパターンがかなり多くなっており、土曜日は半日勤務、また平日のうち一日が半日勤務など、トータルで完全週休2日になるように調整しているところもあります。

ただ土曜日が出勤日となると年間休日が年間で100日未満になるケースが多く、より多くの休日が欲しい医師は完全週休2日制や週4日勤務など勤務日数が少ない求人を探す必要があるでしょう。

求人に書かれてる内容と実態があっていない求人が問題になっている

求人票では「一日の勤務は8時間」とカウントできる求人であっても、実際に転職してみると「一日の勤務時間は実質10時間以上、毎日サービス残業が2時間以上発生してしまう」という診療所がないとも言えません。
ハローワークでも問題になっていますが、求人票に書かれている内容と実態とがまるで合っていない「詐欺的」求人が横行しています。

医師は医療のプロフェッショナルではありますが、医療業界に精通しているわけではありません。
目の前の求人が「勤務実態に合っているのかどうか」を確認する方法は限られてきます。
ほかの医師に特定の診療所の噂や評判を聞いても、その実態が分かるわけではありません。

ブラック求人を避ける為にも医師専門の転職支援サイト利用しよう

クリニックへの転職を考えていても上記のような事情で一歩踏み出せない医師は、医師専門の転職支援サイトを利用することをお勧めします。

「医師転職ドットコム」では専任のキャリアカウンセラーが常駐しており、「自宅から車で30分以内」「年収は1,500万円」などの条件を提示しておくだけで条件に合った求人情報をメールや電話などで連絡してもらえます。

紹介する求人情報はあらかじめカウンセラーが職場の内情を調査しており、離職率の低い働きやすい職場のみ紹介しています。
ブラック求人に当たる可能性がかなり低くなっているので、安心して転職できるのが大きなメリットです。