2021年11月29日

エンジニアの中でもWebアプリ開発の分野で働くことを目指している人は、Webアプリ開発案件でエンジニアに求められることを覚えておいた方が良いでしょう。

Webアプリ開発に取り組むにあたって必要な要素となるのが、プログラミング言語です。しかし、Webアプリ開発とスマホアプリ開発では必要なプログラミング言語が異なるので、注意が必要だと言えます。
Webアプリ開発案件で活躍したい人が、スマホアプリ開発の分野に必要なプログラミング言語を学んでいては、能力が活かしきれない可能性が高いです。
具体的に必要となるプログラミング言語としては、JavaやPHP、Rudy、Pythonなどが挙げられます。特にJavaはどのアプリ開発案件でも必須のプログラミング言語となるため、優先的に学んでおく方が良いでしょう。

Webアプリ開発案件では、コミュニケーション能力も求められます。
何かのアプリを開発する際、1人で作業を進めることは少ないです。Webアプリ開発のプロジェクトチームが立ち上げられて、そのチームの一員として活動します。
Webアプリ開発の作業中に出てきた疑問や問題点はチーム内で話し合いながら解決していくことが多いので、チーム内での会話を行うためのコミュニケーション能力が必要です。また、チーム内の交渉役を任された場合はクライアントとの交渉の仕事があるので、初めて会う人ともスムーズに会話ができるようなコミュニケーション能力も求められます。