一般病院勤務の医師がクリニックへ転職した場合のライフスタイルの変化

現在、一般病院(総合病院や大学病院など)で勤務している医師がクリニックへ転職した場合、ライフスタイルは大きく変わってきます。

まず確認しておきたいことは「一般病院(入院施設あり)」と「クリニック」の違いです。
どちらも医療機関という本質的な部分は同じなのですが、入院施設の規模に差があります。
クリニックはベッド数が19床以下の医療機関と法律によって定義されており、入院施設のない施設も多々あります。

また、H28年の厚生労働省発表の統計を見てみると、医療施設や病床の数は減少傾向にあるようです。

病院の施設数は前月に比べ 4施設の 減少、病床数は 770床の減少。
一般診療所の施設数は 46施設の 減少、病床数は 354床の減少。
歯科診療所の施設数は 16施設の 減少、病床数は 増減無し。

引用:医療施設動態調査(http://www.mhlw.go.jp/


「一般病院」で勤務するということ

入院施設をもつ一般病院の場合、医師の仕事に「入院患者の管理・急変時の対応」が、手術室があれば「手術や手術に関する業務」が加わることになります。
入院施設がない医療機関のケースでは医師は外来患者の対応だけに専念できますが、ベッドがあるとどうしても入院患者の対応にも追われることになり時間がいくらあっても足りません。

手術前・手術後の患者は病気によっては急変を起こす可能性もあるため、病状が安定するまで気が抜けません。
オンコール体制の医師は、患者になにかあればすぐに病院から呼び出しを受けることになります。
自宅にいてもゆっくり寛ぐことができないのは困ったところです。

入院患者がいれば当直業務も外すことはできません。
夜勤あけに通常勤務のシフトが入ってしまうと、30時間以上連続で勤務することになり肉体的・精神的な疲労感はかなりのものです。

若いうちはやる気と体力でカバーできる業務であっても「年をとると、だんだん当直がツラくなる」と訴える医師も少なくありません。
「一晩眠れば肉体的、精神的疲労が改善・回復する」のは若いうちだけ、中高年となった医師が激務を楽々こなせる例は少ないと言えます。

またベッド数の多い病院ではシフト制を採用する病院も多く、土日・祝日が必ず休めるわけではないため、家族と予定が合わない、子どもの行事に参加しにくいなど働きにくい面もあります。
そのため、「家族との時間をもっと多くもちたい」「ライフスタイルを変えたい」そう望む医師にとって、クリニックへの転職は良い選択となるでしょう。

医師専門の転職支援サイトに登録して転職を成功させる

近年ではクリニックへの勤務を希望する医師が増えており、医師の転職情報サイトでたくさんの求人を探すことができます。
外来のみ、日勤のみ、土日祝日お休み、残業少なめ、年間休日120日以上など、プライベートを大事にしたい医師にとっては魅力的な条件の求人が揃っているといえるでしょう。

ただ、求人数が多いと「どの求人を選べばいいのか」分かりにくい面もあります。
ブラック求人を避け、優良求人を見つけるためには「医師転職ドットコム」のような医師専門の転職支援サイトに登録し、専任のキャリアカウンセラーから適切なアドバイスや求人情報提供を受けることが重要です。
しっかりとした指針を立てて転職活動を行うことで転職成功の可能性もアップする、という事を日々忘れないようにしたいですね。

メディウェルのキャリアコンサルタントは、直接、先生と医療機関の担当者とお会いして、双方が納得できる転職活動をサポートしていきます。
医師の転職をお探しなら、上記にあげた医師転職ドットコムなどのような医師専門の求人サイトを利用するのがオススメです。
専門のキャリアコンサルタントがつくことで、時間の無駄なく医療求人を探す事が出来ます。

引用:医師転職ドットコム(https://www.dr-10.com/) 

 

開院を考える26歳医師モモイのはなし

開院したい新米医師:モモイ

こないだ将来のことで父と喧嘩しちゃってさぁ。
僕は父の病院は継がずに、自分の診療所を開院させたいと思っているんだよね。
だけど父は「お前は経験が足りなすぎるから、無知のまま開院するのはリスクが高い。」って言うんだ。
でも医学部に現役合格して、医師免許をストレートでパスして、2年間の研修も終了させたし医者として独立できるんだから問題ないと思うんだ。

医大時代からの友人:トウノ

え!モモイはお父さんの病院継ぐものだと思ってたけど継ぐ気ないの??

開院したい新米医師:モモイ

うん、病院継ぐ気はないよ。
父はずっと継がせたいと思っていたみたいだけど、僕は自分の力でやっていきたいんだ。
だから父の病院は弟が継ぐんじゃないかな。
散々もめたけど、最近はもう父も諦めたみたいで、何も言ってこなかったんだけど、最近僕が「開院する」って話をしたら喧嘩になっちゃってさ。

医大時代からの友人:カガワ

そうか、親が医師で継ぐ病院があるのは、俺にとってみれば羨ましい要素としか思えないけど
やっぱ継ぐ継がないで、俺にはわからない色々大変な事もあるんだなぁ。
でもさ、おやじさんの気持ちもわからなくないよ。
確かにお前は昔から頭も良かったし、医師免許もストレートで取得できたけど医療ってそれだけが大事なんじゃないと思うんだよね。
最短8年で医者になれたら一人前の医者かって言ったらそうでもないんじゃないかな?

開院したい新米医師:モモイ

そっかなぁ?若すぎるからってこと?
自分が考える理想の医療をめざして早めに開院したいって思うのって考えが甘いのかな?

医大時代からの友人:カガワ

いや、ダメとかそういう事じゃないけど開院するためには、資金や不動産の確保、経営スキル、医学以外の知識や財力が必要なんだよ?
今のモモイに
それがあるとは思えないんだけど…。
おやじさんが言うように、経験不足すぎてリスクが高いんじゃないか?
人の命を預かる仕事だし、一般的には研修医の2年の期間を過ぎても後期研修医として専門分野の経験を積むもんじゃないか?

開院したい新米医師:モモイ

確かにね。俺もそれは父にもすごい言われたわ。
人の命を軽く考えるな!経営を甘くみるな!って。別に軽く考えてるわけじゃないんだけどさ。
大学病院とかの勤務医は精神的にも体力的にもキツイって言うじゃん?
それが理由で結局開院する人もいるらしいし、だったら早くから開院してもいいんじゃないかと思って。

え、じゃあさ一般的に何歳くらいに開院するのがベストなんだろう?

医大時代からの友人:トウノ

俺の知り合いの医師のパターンでいうと、研修期間を4~5年程度経験して専門分野の知識と経験を積み専門医などの資格を取得して30歳前後。
んでそのあとも、10年以上はキャリアを積んで開院してる人が多いから40代くらいがベストなんじゃないかな?
その位の年齢なら、医師としての腕があるだけじゃなく、専門分野の知識も身についてるし、心に余裕がでると思う。

医大時代からの友人:カガワ

そうだな、俺もそう思う。
あとモモイは昔から金持ちだから、あんまり気にしてないのかもしんないけどさ
開院するためには莫大な資金も必要だってことも忘れちゃダメだと思うな。
開院直後はただでさえ収入も少ないのに、家賃や人件費とかの経費もかかるんだよ。

自己資金ですべてまかなえる事も少ないだろうし、そうなると金融機関から借りることになるだろ?
でも若くて、経験も少ない不安定な医師に融資が通ると思うか?
そういうこと考えると現実的に、今のモモイが開院するのは難しいと思うけどなー。

開院したい新米医師:モモイ

な…。なんかそう言われてみると、今開院どうこう言ってるの無理な気がしてきた…。
父が今の病院を祖父から継いだのも45歳の時だったって言ってたのは、そーゆーことだったのか。
じゃあ開院を将来一人前になったら目指すとして、勉強のため経験を積むなら総合病院、大学病院、クリニックどれがいいと思う?

医大時代からの友人:トウノ

ん~どうなんだろう。俺は開院とか今のとこと考えてないから何とも言えないけど…。
総合病院、大学病院とかの病院勤務は規模が大きい分、医療のスペシャリストが多いし、最先端医療や最新医療機器を学ぶことが出来るんじゃないかな。
んでクリニックは規模が小さい分、少ない医療スタッフで運営してるから、患者さんとの距離も密だし大きな病院では学べない地域密着型の医療を学べるんじゃないかな。

医大時代からの友人:カガワ

モモイが将来、開院を考えてるならより開院後の自分の環境に近いクリニックで働くのがいいんじゃない?
まぁ、総合病院とか大学病院みたいな大病院で、ある程度技術や医療機器の知識を学んでから、クリニックに転職して現場の様子をみてそれから開院するか決めてもいいだろうし。
とにかく自分がどうなりたいか、何を学びたいかだよね。
モモイは経験不足なのは間違いないから、どっちを選んでもいい経験になることは間違いないよ。

開院したい新米医師:モモイ

そっかぁ…。最先端医療や最新医療機器を学びたい気持ちもあるけど実際にクリニックで働いて運営方法とか学びたい気持ちもあるしなぁ。
僕、父の言うとおりちょっと甘く考えてたなぁ…。
今日の夜、実家に帰って父に喧嘩した内容きちんと謝って、今後のこと相談してみるよ。
2人ともありがとうなー!

 

そもそもクリニックと病院の違いって?

 

クリニック勤務にデメリットってある?

 

開院を目指すならクリニック勤務?

医院開業に最適な立地を探す方法