2021年12月5日

IT業界におけるフリーランスの案件の探し方

IT業界でフリーランスとして働く方法は多種多様ですが、代表的なのが案件を受注してこなし、成功報酬をもらう仕事方法です。ただ、案件をどう探せばいいのか、疑問に思っているエンジニアは多いでしょう。

フリーランス向けの案件の探し方は、大きく分けて2つの方法があります。
1つ目は、クラウドソーシングを利用する方法です。
クラウドソーシングというのは、簡単に言うと企業や個人が案件を発注するクライアントとなり、登録しているユーザーが公開された案件を受注するサービスのことを指します。不特定多数に公開される案件とは別に個別にユーザーを指定して発注することもできるため、案件の受注機会に優れていると言えるでしょう。
ただし、サービス内での実績が少ない状態では、まとに仕事を受けるのが難しいというデメリットもあります。

一方、実績がない状態でも安定して仕事を受注できるのが、案件マッチングサービスです。
こちらはクラウドソーシングとは違い、クライアントが出した案件を運営会社が管理し、登録しているユーザーそれぞれに向けて個別に案件の案内をするシステムになっています。サービスの実績ではなく職歴や資格によって案件の受注ができるため、利用し始めたばかりであっても、安定した収入を得ることが可能です。
ただし、クラウドソーシングに比べて自由に仕事を受注できるわけではないので、一度に大量の案件をこなしたい人にとっては不便に感じる点もあるでしょう。